自分に合った園探し。保育士book

無料サポート登録はこちら

就職相談室

現役保育士&相談パートナーがどんな質問に応えます。

就活はいつから始めれば良いですか?

実際の求人が集まるのは例年9月中頃。この時期からが就活の本番になります。

実習が残っていて就活を進められない。どうしたらよいですか?

就活は自分のペースで進めることがポイント。今年は求人がたくさんあるので焦らずに情報収拾から合同フェアの参加から段階的に進めることをお勧めします。

園選びのポイントは?

自分に合った園探しが基本。とはいえ「自分の保育観を掴む」ことはなかなか難しい。なので、まずは、「自分の感性感覚」を大事にすることからお勧めします。保育士さんと子供たちのやりとり、保育士さん同士のやりとりでピンとくるかどうかを感じて見てください。

株式会社と社会福祉法人の違いって何ですか?

これはなかなかよい質問ですね。法的な、あるいは税務的な違いはたくさんあるけれど、よりよい保育を実践しよう教育を実践しよう、という考え方は同じです。傾向としては、株式会社はより多くの保育園を運営する傾向があり社会福祉法人は少数の園を経営する傾向はありますね。

認可園と認可外の違いって何ですか?

行政に公的な保育園として認められているかどうか!?の違いです。運営のためのルール、注意すべきところは同じですが、補助金など行政の支援面では大きく異なってきます。

採用選考の内容は!?

面接だけの保育園もあれば、実技テストや一般常識などテストを実施する保育園もあります。この点は各園ごとに違うので確認が必要ですね。

ピアノは弾けた方が有利でしょうか?

これも園によって異なりますね。最近ではピアノが弾けなくても大丈夫!という園も増えてきます。ピアノが弾きたい方は日常の保育にピアノを活用している園を探す必要がありますね。

絵や造形はできた方が良ですか?

この質問は大事ですね。園によって力を入れている領域が異なってくる場合があります。この点、「園の方針・力を入れていること」を理解する必要があります。

1社しか受けてないんだけど、いきなり内定をもらっちゃって。

それはそれは。まずはおめでとうございます。内定を受諾するかどうか、とても悩みますよね。もし、あなたが自分のやりたい保育=保育観と比べてみて「ばっちり合っている」と感じられるのであれば内定を受諾することは正解だと思います。だけど、自分のやりたい保育が見つかってなかったり内定先の園の保育の方針を理解できていなかったりする場合ちょっと立ち止まった方がいいかもしれません。「自分がやりたい保育の方向性」これを見つけさえすればあなたに合った園は自ずと見つかります。必ず見つかりますので安心してください。

就活ってどんな風に進めればいいのか、いまいちピンとこないんですよ。

就活には7つのステップがあります。
【1】自己分析(自分の保育観を整理する・発見する。)
【2】保育園の情報を広げて集める(ネットや合同フェアで)
【3】保育園の情報を深めて整理する(実習や体験、ボランティアやツアーで)
【4】改めて自分の保育観を整理して自分にあった保育園に絞る
(3から5園の見学や体験を経験すると自然と自分の保育観が整理できるから不思議です。)
【5】採用情報を収集して受験する(面接試験)
【6】内定。受諾。そして、学校の先生、保護者、実習園や見学園にお礼の気持ちを伝える。
【7】入職の準備をする(転居、勉強、卒業旅行などなど。)
最近多いのは「1から5をすっとばして6に行ってしまう学生さん。」
納得感=入職後の定着につながるので自分でどこのフェイズで活動しているのかぜひ、確認しながら進んでみてください。

自己分析とか保育観とか言われるけどピンとこないんですよね。

そうですよね。だけで、これって以外に簡単ないことなんです。「自分がいま、子供に帰ったらどんな保育園でどんな保育士さんのもとで遊んだり学んだりしたいか!?」ということが想像できればもう正解はまじかです。一人遊びが好き、創作が好きな子どもが一斉保育で体育ばっかりの園だとなかなか馴染めないですよね。自分が子ども時代に戻ったとして嬉しくも楽しくもない保育を実践できるでしょうか!?この辺に答えがあります。「自分の中にすでにやりたい保育の答えはある。」そう信頼して、就活をステップごとに着実に進めていけば大丈夫。安心してください。

保育士BOOKからひとこと
就職活動は「自分の保育観を発見し磨き上げる」機会にあふれています。
たとえ、就職しなくても将来、保育士として経験を積み上げる上であんな保育もあったな、あんな考え方もあったな、あんな絵本の活用の仕方やあんな遊びもあったなと、あなたの「保育の引き出しを豊かにする」季節なんです。絶好の機会を存分に楽しんでください。
保育士BOOKでは「あなたに合った園探し」のための機会や情報をどんどん提供していますし、就活アドバイザーさんと一緒に就活のアドバイスや支援もしています。
お気軽にご相談ください。
保育士就活アドバイザー募集
ご相談に応じていただける現役保育士さん、就職が決まった学生さんを大募集します。
アドバイザーに就任・相談にお応えいただいた方にはギフト券などをプレゼント。
詳しくはお問い合わせください。