「自分に合った園探し」を保育士BOOKで。 保育士book

福島県 伊達市 特集

福島県 伊達市 特集

福島県の北部、県庁所在地である福島市の東に位置する伊達市。東には 霊山 、西には 吾妻連峰、北方には宮城県境の山々が見渡みわたせる福島盆地の中にあります。 伊達市は若い方との交流にも積極的。豊かな自然の中で、首都圏在住の大学生達と、地元の子ども達とが交流するプロジェクトなど、子ども達の学びの場づくりにも力を入れています。四季折々を感じられる住みやすい街として、子育て支援にも力を入れている伊達市の皆さんに、保育士支援策や移住促進の取り組みなどを伺いました!

伊達市 市民協働課よりメッセージ

伊達市での暮らしがイメージできるよう、『伊達市に来る、知る、生活する』切れ目ないサポート体制を準備しました。 保育士を目指す方には、就業体験の活動費を補助しています。
これは、園で実際に働いてみて、具体的に働くイメージを持って欲しいからです。
まずは、伊達市に来て、人や空気に触れ、地方での生活をイメージしてください。
移住コンシェルジュがあなたの体験活動を計画段階からサポートしますので、土地勘がなくても大丈夫です。
伊達市では、就学前から思いやりの心や、他者と協力する気持ちを育む『心の義務教育』と、子どもたちが異年齢等の集団で遊び、学ぶことの『群れ遊ぶ集団教育』の展開を通じて、豊かな心をもつ笑顔あふれる子ども達の育成をめざしています。
伊達市で未来を担う子ども達の育成に力をかしてくれませんか?

「来てだて」保育士プロジェクト

就業体験等への活動支援金:上限5万円まで補助

福島県外の指定保育士養成施設などに在学する方に対して、
伊達市内の教育・保育施設での、就業体験活動に関わる経費を補助!

対象者:
福島県外の指定保育士養成校等に在学する方
(伊達市内から通学している方を除く)
内 容:
伊達市に3日以上滞在し、教育・保育施設など※1
での就職体験など※2及び伊達市移住コンシェルジュと地域の交流活動等に半日以上参加。
補助額:
伊達市内での就業体験等※3に対して活動経費の2/3以内で上限5万円

就職内定者への授業料支援金:上限70万円まで支給

伊達市内の教育・保育施設に就職内定した、福島県外の指定保育士 養成施設に在学する学生さんに、卒業年度分の授業料相当分を、 奨励金として交付!

対象者:
伊達市内教育・保育施設等※1に就職内定した、福島県外の指定保育士養成校等に在学する方(住民票が県外にあること)
要 件:
○卒業する年度末までに市内に住民票を異動し、転入した日から3年以上定住する意思があること(3年未満で市外転出した場合は奨励金の返還)
○転入する直前の県外市区町村に1年間以上住民票を有していた.
○教育・保育施設等に翌年度4月末までに正規職員として採用され、原則として3年以上継続し勤務する意思があること
補助額:
学費のうち授業料相当の2/3以内で、上限は70万円
 
※1 保育所、認定こども園、幼稚園および地域型保育所
※2 就業体験または就職活動を実施すること
※3 往復交通費、市内宿泊費、レンタカー借上げ代や高速道路利用料金(対象外経費あり)

移住してみる?伊達市移住コンシェルジュに話を聞いてみよう!

東京から電車で2時間、
ふらっと来られる”ほどよい田舎感”

新幹線と在来線を利用し東京から2時間。市内には4か所の高速道路ICができ、仙台市内へも高速道路を利用し1時間程度と近県へのアクセスがしやすい環境です。
市の中心地にはスーパー、ドラッグストア、銀行、郵便局、病院など、日常生活には困らない生活環境がそろっています。
妊娠時からの担当保健師の関わりや各地区にある認定こども園、屋内こども遊び場と切れ目ない子育て支援に力を入れています。

四季を感じる“くだものの宝庫”

桃の花、青もみじ、山の紅葉、冬の雪景色など、四季の移り変わりを肌で感じることができます。積雪も少ないため、東北の冬に暮らすイメージよりも暮らしやすい自然環境です。福島盆地に位置するため、寒暖差によって美味しいくだものがよく育ち、さくらんぼ、桃、ぶどう、りんご、あんぽ柿、いちごなど、四季を通して一年中くだものが身近にあります。農産品の直売所が各地にあり、食べ物の旬を感じるとともに、地産地消のライフスタイルも実践できます。

移住のご相談を『伊達市移住
コンシェルジュ』がお受けします

県外から伊達市への移住のご相談を『伊達市移住コンシェルジュ』がお受けします。LINEでも対応可能です。お気軽にご相談ください!