保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人灯心会 第二オリーブ保育園 第二オリーブ保育園

先輩保育士インタビュー

第二オリーブ保育園

G先生

福岡こども専門学校 2021年卒業

福岡県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
幼少期から近所の子や知り合いの子など、小さい子どものお世話をすることが好きでした。その経験から、「いつか子どもと関わる仕事をしたい」と思いました。それが保育士を目指そうと思った最初のきっかけです。
どんなふうに就活したの?
福岡こども専門学校2年生の夏頃から、保育実習や園見学を3か所ほどさせていただきました。当時の私は自分の長所や短所をはっきり言えず、自信がないことが一番の悩みでした。でも実習や見学を重ねていくうちに、園の先生方から嬉しい言葉をたくさんいただくようになりました。自分のすてきなところやいいところを教えていただき、自信がつきました。その経験を、就職にも活かすことができました!
今の保育園はどうやって知ったの?
実は今働いている園は、私が幼少期に通っていた母園です。思い出がたくさんあるので、今度は保育士として通うことができ、嬉しく思っています。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
初めて伺った際に、1番に思ったことは、保育士と子どもたちの関係性が素敵だなということです。子どもたちが、相手の目を見てしっかりと挨拶をしていたことに驚きましたが、保育士の方の挨拶や言葉遣いが丁寧だったので、子どもたちも自然と同じことができているのだと納得し、素敵だなと思いました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
第二オリーブ保育園に園見学に伺った際、魅力的に感じたところがたくさんありました。一番は、保育士の先生方が子どもと関わっている姿が、すごく丁寧に見えたこと。子どものことを大切に思って接しているのが伝わりました。だからなのか子どもたちの笑顔もキラキラしており、「この園で働いたらきっと楽しいだろうな」と思いました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
入職したばかりの頃は、1年目ということもあり、1人で担任を持つことがすごく不安でした。わからないことばかりで、戸惑うことも多かったです。でもそんなとき、園長先生をはじめ先輩方が、私のことを細かく気にかけてくださいました。そのおかげで安心して働くことができ、子どもたちとも楽しく過ごせるようになりました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
保護者の方から「うちの子は先生のことが本当に好きみたいです」と言われたことがすごく嬉しかったです。子どもたちが家庭でも私の話や、今日園でやったことを話してくれているようです。子どもの口から聞く話は保護者の方も嬉しいでしょうし、私もまた嬉しいです。家庭でも園のことを話題にしてくれているのだと、心があたたかくなりました。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
以前園長先生に言われた言葉が印象に残っています。私が保育に悩み迷っていて、子どもたちのために変わらなくてはいけないと自分を追い込んでいた時のことです。それを見た園長先生は私自身を肯定してくださり、「先輩のやり方がすべてではなく、そのままのあなたにもいいところがある。だから変えなくていいよ」と言ってくださいました。本当に嬉しかったですし、心が救われました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
ものすごくシンプルですが、子どもが「先生大好き!」と言ってくれるだけで幸せです。第二オリーブ保育園の環境だからこそのびのびと働けているし、子どもたちとの信頼関係も築けている。これからもそう思われる保育士でありたいです。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
今は夢中になっていることは、おいしいものを見つけて食べに行くことです。疲れも癒すことができますし、それを楽しみに日々頑張ることができています。
どんな保育士になりたい?
園長先生をはじめ、先輩方に支えられて日々働くことができています。子どもの笑顔と、保護者の方の協力も大きな力です。いつになっても感謝の気持ちを忘れず、謙虚でありたいと思います。そして日々、子どもたち一人ひとりの気持ちに寄り添っていける優しい保育士になりたいです。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
園長先生が私に言ってくださったように、自分には自分のいいところがあるはず。自分らしくいることを大切にするのが、一番大事なことなんじゃないかなと思います。毎日を自分らしく過ごしてくださいね。こんなすてきな園長先生と先輩がいる第二オリーブ保育園に、ぜひ見学に来てください!お会いできるのを楽しみにしています。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる