保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人みわの会 MIWAたばた保育園

先輩保育士インタビュー

MIWAたばた保育園

まどか先生(写真左から1番目)

東京こども専門学校 2021年卒業

千葉県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
私が保育士を目指そうと思ったのは、子どもが好きだからです。また母が保育士のため、話をよく聞いていました。そのうちにだんだんと興味が出てきて、保育士は非常にやりがいのある仕事だなと感じました。
どんなふうに就活したの?
コロナ禍で実習の時期にずれがあり、全ての実習を終えた10月下旬頃から就活をスタートしました。インターンシップや園見学を行った園数は、4園です。この情勢なので、動画やオンライン配信での園見学もありました。実際に園内に入って雰囲気を感じられる機会が少なく、残念でした。
今の保育園はどうやって知ったの?
現在働いているMIWAたばた保育園を知ったのは、保育雑誌がきっかけです。インターネットや就職フェアなど、いろいろと就活の方法はありますが、私は保育雑誌も活用していました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
園見学では、園全体に木のあたたかみがあり、また陽の光がたっぷり入る自然を取り入れた雰囲気がすてきだなと感じました。子どもたちも過ごしやすそうでした。食育の時間では、子どもたちがおやつを作っている様子が、とても楽しく和やかな雰囲気で印象的でした。楽しんでいる姿を見ることで、普段の園生活もイメージができました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
園見学をした際、保育室に木のおもちゃが豊富に取り入れられており、そこにも魅力を感じました。また、子どもの見通しに合わせて見守ったり言葉添えをしたりする、先生たちの保育をする姿に惹かれました。子どもたちと先生たちの間に、信頼関係ができているのを感じることができました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
入職してすぐの頃は、同期がいないことで、悩みを打ち明けられる人がいないのではないかと不安に感じていました。しかし午睡時にその日の振り返りを行う中で、周りの先輩方と、悩みや思いも共有できるようになりました。その日の悩みや思いを、その日中にクリアにしていく機会を設けているので、すごくありがたいです。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
子どもたちからは、最初は「先生」と呼ばれていました。でも少しずつ、「まどか先生」と名前で呼んでくれるようになり、とても嬉しかったです。信頼関係ができているのを感じますし、愛情も同じく感じます。こうした関係性の成長も、保育士の楽しみのひとつです。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
作成した書類を先輩に見てもらった際、自分の語彙力の足りなさや、わかりやすい言葉選びができていないことを痛感しました。いただいたアドバイスをもとに、少しずつ成長できるようになりました。またより良い保育のため、部屋の環境設定を整えています。先輩方は子どもや大人の動線を意識したり、いろんなシチュエーションでの子どもの姿を予想したりしています。多方面からの視点を考えた空間づくりを、私も参考にしています。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
MIWAたばた保育園では、周りの環境や人にとても恵まれているなと感じます。周りの先生方も保護者も、あたたかい人ばかりです。子どもの流行や好みに合わせた環境づくりや、新型コロナウィルスへの対応など、その時々の状況や様子に応じて対応しています。園全体で取り組んでいるので、協力しているその姿は、とても魅力的だなと思います。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
現在夢中になっていることは特にないのですが、体を動かしたいなと考えています。何が自分に合っているか、どんなことをやってみたいか、探している途中です。
どんな保育士になりたい?
保護者や子どもが親しみを持てる保育士になりたいと思っています。またその時々の思いを子どもと一緒に共感しながら、楽しい日々を過ごせる空間を守っていけるようにしたいです。先輩方が積極的に子どもたちに合わせた環境づくりを行っているように、私も憧れるだけではなく、学びながら実行していこうと思います。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
保育の現場は、大変なことはもちろんあるけれど、子どもの成長を間近で感じられ、楽しさややりがいもたくさん感じられます。子どもたちにとっても、みなさんにとっても、良い環境で働けることを願っています。就活活動頑張って下さいね。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる