保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人みわの会 蒲田本町保育園

先輩保育士インタビュー

蒲田本町保育園

ゆかり先生

大原医療秘書福祉保育専門学校 2017年卒業

東京都出身

どうして保育士になろうと思ったの?
元々子どもが好きだったので、子どもと接することができるに職業に就きたいと思い、小児科で医療事務として勤務していました。働いていくうちに、もっと子どもと深く関わりたいという気持ちが芽生えてきました。そんな職業はないかと考えていくうちに保育士になろうという気持ちが大きくなり決意しました。
どんなふうに就活したの?
専門学生一年目から説明会に参加して、園の情報を集めました。 色々な園から話を聞いたことで、こんな保育がしたい、こういうことを大切にしていきたい等、どんな保育園に就職したいのかを明確にするいい機会になったと思います。ずっと働き続けられる園に就職したいと思っていたので、ここで働きたいと思える園に出会えるまで10園くらい見学しました。
今の保育園はどうやって知ったの?
友人が姉妹園の見学をしていて、パンフレット見せてもらったのがきっかけです。姉妹園の雰囲気も友人から直接聞くこともでき気になりました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
見学に行った時、先生たちが笑顔で子どもたちと関わっていたり、見学者に対してもすれ違う時みんな笑顔で挨拶してくれて、温かさを感じました。 保育室や園庭で保育士が大きな声で促したりしている姿はなく、近くまで行き子どもに話しかけていたりと丁寧に接していました。また、子どもの生き生きとした姿を見て、いいなと思った。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
担任をしていたクラスの子どもが「だいすき」と抱きついてきてくれたり、ある日、将来の夢について話している時、子どもに「先生はお姫様になっちゃダメだよ。みんなに結婚してっていわれちゃうから」「大きくなったら先生と結婚するんだ」と言われ、ほっこりした瞬間でした。 昨日できなかったことが今日できるようになったり、日々の成長に毎日小さな感動があります。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
保育士一年目、幼児クラスの担任を任され、子どもへの接し方、保護者対応等自信がなく悩むことが多かったです。悩んでいた時に、先輩保育士に「あの時よかったよ」と褒めてもらい、気にかけてもらえていると感じることができました。見守られている心強さやこれでいいんだと自信を持つことができました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
子ども主体の保育、子どもの意志を尊重した保育をしている為、子どもらしくのびのびとしています。だからこそ、自分の思いをしっかり表現してくれます。 なかなか活動に気持ちが向かない子に対して、無理強いすることなく、やる気になるまで見守ります。子ども自身で気持ちを切り替えてやってみようと挑戦する姿、そして挑戦したことが自信や達成感に繋がり、自信に満ち溢れた笑顔を見た時、この園に入ってよかったと思います。
どんな保育士になりたい?
・子どもたちにとって安心できる存在であり、「大好きな先生」と思ってもらえること。 ・子どもとしっかり向き合い、気持ちを受け止め、寄り添っていきたい。丁寧に子どもたちと向き合っていきたい。 ・子どもと同じ目線で一緒に物事を楽しむことができる、そんな経験を共にすることを大切にしていける保育士になっていきたい。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
説明会等に積極的に参加することで、どのような園で働きたいのか、どんな保育をしていきたいのかを明確にすることができるので、様々な園の情報を知ることはとても大切なことだと思います。その中で興味のある園や気になった園には積極的に見学に行き、ここで働きたい!と思える園に出会えるようになっていくと思います。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる