保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人みわの会 蒲田本町保育園

先輩保育士インタビュー

蒲田本町保育園

あいみ先生

横浜保育福祉専門学校 2019年卒業

東京都出身

どうして保育士になろうと思ったの?
私が5歳の時に担任だった先生の事が大好きで、私もこんな先生になりたいなと思ったのがきっかけです。
どんなふうに就活したの?
専門3年生の時に蒲田本町保育園でアルバイトをしていて、この園がとても気に入りました。そのままこの園で働きたいと思っていたので、みわの会以外への見学は行っていないです。就活といった就活はせずこの園一筋だったので他を考えることはなかったです。それぐらいこの園に惚れていました。
今の保育園はどうやって知ったの?
専門の先生が園長になることを知ったのがきっかけとなりました。園長になりそこから直接話しをしていただき職員募集などがあることを知っていきました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
園庭が広くて、子どもがのびのびと過ごしているところが良いなと思いました。園庭があることですぐに外で遊ぶことができる環境も整っています。 みわの会の理念、保育方針に惹かれてここで働きたいなと感じました。学生時代から感じていた保育概念も私に合っていて、働きやすいです。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
自分に保育士が向いているのか、子どもとの関わり方はこれで良いのかたくさん悩みました。保育に正解がないことはわかっていましたが、1年目は不安なことがたくさんあり自信がなかったです。 当時組んでいた先生達にたくさん話を聞いてもらい、相談したりアドバイス等頂いたことで、少しずつ自分にも自信がついていきました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
今年0歳児クラスを担任しているのですが、担当の1番月齢が低い子が初めて1人で立った時とても感動しました。赤ちゃんだったのに、、と今までの出来事を思い出しました。保護者にそのことをお伝えした時に、一緒に喜んでくれて嬉しいと言われた事もとても心に残っています。一人で立つ、というとても貴重な発達段階に関われたこともとても嬉しく感じました。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
同僚の先生と保育観の話を深くできた事が印象的です。同じ職業でも価値観や目指すべきところが違うことも多いです。その中でいろいろな考えや感じかたがあることを知り、もっともっと保育を追求していきたいと思いました。また、先輩の話しも参考になることが多かったのでもっともっと話しを聞いていきたいとも感じました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
一人一人の成長、発達に合わせた保育をしていこうと、職員同士話し合うことができているところです。子どもたちが笑顔で保育園生活を送れているのも職員間の連携がしっかりととれているからだと思います。常に話し合いながら出来る事が環境が設置されていることが魅力だと思います。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
様々なジャンルの海外ドラマを見ながら英語の勉強をする事にハマってます!リスニングのような形でまずは独学で頑張っています。
どんな保育士になりたい?
常に笑顔で明るい保育士でありたいと思っています。子どもと保護者の想いに寄り添い、子どもと保護者からも信頼されるような先生になっていきたい。安心して預けられる、安心して過ごせる、そんな存在でありたいです。信頼関係を築いていくことがうまくできるように普段の何気ない会話にも丁寧に対応していきます。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
私は学生時代に蒲田本町保育園の園長(元専門の先生)にアルバイトしない?と声をかけて頂いた事で、良い保育園に出会えました。就活を始める前は不安ばかりでしたが、何事にも挑戦し、出会いや繋がりを大切にしてきた事で、今とても楽しく働けています。不安な事も沢山あると思いますが、子どもの成長に関われるこの仕事は毎日楽しく、笑顔が絶えない仕事だと思います。人との繋がりと出合いを大切に、無理なく頑張ってください!

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる