保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人まあれ愛恵会 浦和たいよう保育園

先輩保育士インタビュー

浦和たいよう保育園

さき先生

東京YMCA社会体育・保育専門学校 2014年卒業

埼玉県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
小さい頃から年下の子のお世話をすることが好きで、親戚の人が保育士だったこともあって、いつのまにか憧れるようになっていました。自分がこどものことは、どうして大人は気持ちをわかってくれないんだろうという思っていたので、こどもに寄り添ってあげられるような保育士を目指したいと思うようになりました。
どんなふうに就活したの?
保育の専門学校ということもあり、系列の園を紹介してもらうことができました。そういったことから少しずつ就活をスタートしていったという感じです。
今の保育園はどうやって知ったの?
さまざまな就職サイトなどで園の求人情報を見ていたら見つけることができました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
気になっていたので、園見学に行かせていただいたのですが、職員の方にぜひ一緒に働きたいですと言ってもらえたことが嬉しくて、ここで働くことを決めました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
職員の方みんなが、こどもたちのことを大事にして、一生懸命保育しているので、行事ごとも大切にしていますし、卒園したこどもたちが参加できる行事があるのですが、卒園したこどもたちも大事にしていることが魅力です。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
入職する前の話なのですが、先生たちが担任をしているクラス以外の子どもたちの名前を呼んでいる姿を見て、みんなの名前を呼べるなんてすごいと思ったのと同時に、私に全員の名前が覚えられるかという不安がありました。そんな不安などなかったようにあっという間に覚えられたので、よかったと思います。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
0歳児クラスの子たちが私のことを名前で呼んでくれるようになった時や、トイレトレーニングをしておむつからパンツに移行していく姿は、嬉しいですし、成長を感じます。 運動会や発表会などの行事ごとでは、子どもたちの一生懸命な姿を見ることができるので、いつも感動してしまいます。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
職員の方はみなさんすごい方ばかりで尊敬しているのですが、特に園長先生は、誰よりも動いて、考えて、ニコニコ笑顔な姿を見せてくれているので、自分も頑張らなければと思わせてくれています。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
先生たちみなさんが子どものことを第一に考えて、保育ができているのは、この園でよかったと思わせてくれますね。先生たち自身が悩んでいる時でも、話を聞いてくれて、一緒に悩んで、親身にアドバイスに乗ってくれる人間関係は素晴らしいと思っています。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
ピアノが少し苦手な部分もあるので、普段から練習に取り組んでいます。子どもたちが好きな曲や流行の曲などを演奏できるようにしたいです。 また子どもたちが好きそうな絵本を探すことをよくしています。散歩がてら本屋などに行って、良さそうな絵本があれば、子どもたちに読み聞かせてあげています。
どんな保育士になりたい?
まずは子どもの気持ちがわかってあげられる保育士になりたいと考えています。 自分自身が楽しんで保育ができることで、子どもたちだけじゃなく、保護者の方も園が楽しくなってもらえると嬉しいと思います。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
学生の頃からパネルシアターなどを作ることが好きでしたし、手遊びや歌なども好きだったのですが、実際に保育の現場で働くとなったら、非常に役立つので、時間を取って用意することをおすすめします。できる限り引き出しを増やすことが良いかと思います。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる