保育士BOOK

初めての方へ

株式会社ポピンズエデュケア 伊藤忠I-kids

先輩保育士インタビュー

伊藤忠I-kids

ともみ先生

聖徳大学 2020年卒業

東京都出身

どうして保育士になろうと思ったの?
私が小学3年生の時に双子のいとこが生まれました。可愛らしい赤ちゃんのお世話を手伝っているうちに、子どもと関わる仕事に就きたいという気持ちが芽生え、保育士を志すようになりました。
どんなふうに就活したの?
大学4年生の8月に乳児院での最後の実習があり、それが終わった9月ごろから本格的に就職活動を始めました。私の希望は事業所内保育所で、いくつか希望に合うところを見つけましたが、実際に保育の現場を見て雰囲気を確かめたいと思い、できるだけ見学へ行きました。
今の保育園はどうやって知ったの?
先ほども触れましたが、事業所内保育所に勤めたいと考えていたので、大学の就職支援課の資料や求人情報の中から事業所内保育所を探す中で、今お世話になっているポピンズを知りました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
園見学では現場の雰囲気を確かめようと思っていました。今働いている「伊藤忠I-kids」は希望していた事業所内保育所です。現場のスタッフの皆さんは落ち着いて子ども達と関わっていました。柔らかな雰囲気もとてもいいなと思いました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
見学したときに感じたポピンズのスタッフの方の落ち着いて柔らかな雰囲気は、私が理想としていた保育の姿でした。保育者は雰囲気がとても大切と考えていたので、「ここで働きたい」と迷わず志望しました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
入社したばかりの頃は、一緒に働くスタッフの皆さんと上手くやっていけるかどうか、不安がありました。ですが、先輩スタッフが新卒の私を優しく迎え入れてくださり、「不安なことはないですか?心配事は解決しましたか?」など折に触れ声をかけてくださいました。おかげで不安も徐々に少なくなり、お子様との関わり方にも慣れていきました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
先輩スタッフの背中を見ながら、一生懸命にお仕事していましたが、ある時、私のお迎え時の対応を見た保護者の方から「先生はこうやっていつも温かく見守って下さっているんですね。とても嬉しいです。ありがとうございます。」というお言葉をいただきました。それがとても嬉しく、忘れられない出来事の一つになっています。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
大学で学び、実習でも保育の現場を感じていたとはいえ、実際に働き始めると上手くいかないことばかり。お子様への働きかけが思ったようにいかず困っていた時に、先輩や施設長がすぐにそばに来て、優しい言葉をかけてくださいました。おかげで気持ちを切り替えることができました。一緒に働く保育士にも寄り添うことができる先輩方をとても尊敬しています。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
規模が小さい施設であるからこそ、スタッフ同士のコミュニケーションや仕事の連携が取りやすく、困った時には何でも相談できる雰囲気ができています。助け合いながら保育ができ、ここに入って良かったと感じています。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
お休みの日は、ドラマや映画を一気見することにハマっています。コロナ禍が続いていて、自宅で過ごすことが多くなっていますが、好きなことに集中して時間を有意義に過ごし、リフレッシュしたいと思っています。
どんな保育士になりたい?
お子様一人ひとりの気持ちに寄り添い、温かく見守ることのできる保育士を目指しています。日々の保育の中で様々な表情を見せてくれるお子様、そこに秘められた可能性を感じながら、その時々に表現される感性を大切にお支えできたらと思います。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
私は保育園や保育士は雰囲気がとても大事だという思いから、今働いている「伊藤忠I-kids」を選びました。おかげで毎日の保育にやりがいを持って取り組めています。見学に行った時に自分が感じた雰囲気や発見を大切にして、納得のいく保育園を見つけてください。ご自分の感性にぴったりの、素敵な保育園と巡り会えますように。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる