保育士BOOK

初めての方へ

株式会社ポピンズエデュケア ポピンズナーサリースクール代々木上原

先輩保育士インタビュー

ポピンズナーサリースクール代々木上原

めぐみ先生

駒沢女子短期大学 2021年卒業

新潟県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
幼い頃から妹の面倒をみたり、親戚の子どもと遊ぶのが好きだったので、将来は子どもと関わる仕事をしたいと思っていました。学生時代に職場見学で保育園に行った時に、保育をされている先生方の姿を実際に見て憧れを抱き、保育士を目指すようになりました。
どんなふうに就活したの?
就職活動を始めたのは11月下旬頃です。授業や実習、アルバイトと忙しい最中の就活でした。今お世話になっているポピンズのことはその時すでに知っていて、卒業後はポピンズでの就職を希望していたので実習が終わるタイミングでエントリーしました。
今の保育園はどうやって知ったの?
就活中にインターネットでいろいろな保育園を探していました。その中でポピンズを知り、スタッフの可愛らしい制服や綺麗な施設が印象的だったことから、教育方針や「エデュケア」についてもっと深く知りたいと思うようになりました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
オンラインでの園見学でしたが、画面越しでも園の明るい雰囲気や子ども達が楽しそうに遊んでいる様子が伝わってきました。また新卒のスタッフの方のインタビューを聞いて、研修制度が充実していることや休暇が取りやすいことなど、働きやすい環境が整っていることを知りました。画面越しの見学でしたが、ご案内くださったスタッフの方の対応も丁寧で、充実した見学になったことを覚えています。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
今働いている園は新規園だったこともあり、備品の準備や配置・書類作成など一から保育園や保育士の仕事について学べるのは良いなと思いました。初めてのことばかりで不安もありましたが、同期や先輩とともに一緒に園を作り上げていけることにやりがいを感じました。見学後には「ここで働きたい!」と迷わず志望を決めました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
初めは右も左もわからず不安でいっぱいの日々でした。目の前のことで精一杯という状況でしたが、先輩が丁寧に仕事を教えてくださり、保育についてもたくさんアドバイスをしていただきました。また、お子様の笑顔や日々の小さな成長が今でも頑張る糧になっています。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
0歳児クラスを担任していますが、お子様が笑顔で駆け寄って来てくれたり、「先生」と呼んでくれることがとても嬉しいです。また保護者の方から「園での手洗いの習慣が身に付き、家に帰ると手を洗うジェスチャーをしています」というエピソードを教えていただき、とても感動しました。お子様との関わり、保護者様との関わりもできてきて、日々を充実して働くことができます。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
お子様一人ひとりに寄り添う先輩の姿を見ながら、関わり方や言葉かけを取り入れるようにしています。お子様が泣いてしまった時に先輩が目線を合わせ、「そうだよね」「さみしいよね」と言葉をかけて気持ちを受け止める姿を目にすると、お子様に安心感が伝わっているのを感じますね。私も「一人ひとりに寄り添うこと」を大切にしたいと思いました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
クラスに関係なく、スタッフが協力し合って保育をしたり、お子様との関わりを楽しんでいることが魅力だと思います。自分の保育について悩むこともありますが、相談しやすい雰囲気があるので一つ一つ乗り越えながら、楽しく働くことが出来ています。見学の際にとても良い印象を持ちましたが、働き始めてなお一層それを感じています。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
家ではピアノを練習したり、動画を見ながら折り紙のバリエーションを増やしたりしています!保育のレパートリーを広げ、お子様たちの笑顔をもっと増やしたいですね。また休日は料理をしたり、映画やドラマを観てゆったり過ごすことが多いです。そうしてリフレッシュできるからこそ、日々のお仕事に心をこめることができます。
どんな保育士になりたい?
お子様の挑戦する気持ちや、自己肯定感を育める保育士になりたいです。日々一歩ずつ一歩ずつ成長するお子様の姿を見て、保育士の言葉かけや目線・表情の大切さを改めて感じました。一人ひとりの気持ちにじっくり寄り添い、受け止めていきたいと思っています。未来を担うお子様の成長のお手伝いができる保育士を目指しています。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
私は学生時代に手遊びをたくさん覚えました。それが今とても役に立っています。日々の活動の切り替え時や昼食前の待ち時間などに手遊びをすると、お子様も楽しそうに真似してくれます。就職活動では「子どもが好き!」という気持ちから具体的に「どんな保育をしたいのか」を明確にすること、そうすれば自分に合う保育園がきっと見つかると思います。「好き」という気持ちを大切に、頑張ってください!応援しています。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる