保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人檸檬会 レイモンド大萱保育園

先輩保育士インタビュー

レイモンド大萱保育園

ゆうかさん

びわこ学院大学 2019年卒業

滋賀県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
自分が保育園に通っていた時に、親のお迎えが遅くて不安になっていた私に「大丈夫だよ」と優しく言葉をかけてくれた先生がいました。そして最後まで寄り添い一緒に待っていてくれて、その思い出は今でも心の中に残っています。その嬉しかった出来事から保育士という仕事に憧れて、そこから保育士を目指したいと思うようになりました。
どんなふうに就活したの?
就活はまず、保育業界の合同説明会に参加をしました。そこには色んな園の先生が来ていたので、直接その先生方に園の保育方針や特色、あとは待遇面などを聞いて回りました。一気に様々な園のことが比較できるのでとてもいい機会だったと思います!そこから、自分に合った保育園や保育をしてみたいと思える保育園を探しました。
今の保育園はどうやって知ったの?
檸檬会を初めて知ったのは、保育関係の就職サイトを見た時です。自分が行く予定の合同説明会に参加していることを知り、そこで詳しく話を聞いて保育方針や待遇面でも自分に合っていそうだと感じたので、檸檬会に就職を考えるようになりました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
今働いている園は当時新園で、見学等は出来なかったのですが、同じ法人の近隣の園を見学させていただきました。自分が就職サイトや合同説明会で見聞きした時に感じたイメージ通り、家庭のような温かみのある、明るい雰囲気の園だと思いました。当時の園長先生も、優しく丁寧に園の案内をしてくださりとても印象に残っています。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
法人の全ての園が家庭的な雰囲気の中で、子どもに丁寧に関わることやそのために様々な工夫をしていると感じました。アットホームで木の温もりを感じられる環境であることや、子ども一人ひとりに寄り添うことを目標とし、そのために日々新しい考えや海外の保育を学んで進化し続けていること。そして様々な研修がありスキルアップが見込めることなどが、自分のやりたい保育を実現できるのではと魅力に感じました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
新しい環境が苦手で、子どもや保護者、職場の保育者と上手く関係を作れるかなど不安だったことは沢山あります。でも実習の時と同じで初めてのことはわからなくて当たり前で、たとえ失敗したとしてもそれが成長なんだと言い聞かせていました。それと初めは緊張で周りと上手く話せないことが多かったですが、とにかく笑顔で挨拶して喜びを共感することを心がけると、相手にも心を開いてもらえたように思います。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
初めての担任は小規模園だったため、1歳児3人でした。人見知りをする時期の子どもだったので初めはたくさん泣いたり、中々ご飯を食べてくれなかったりと悩むことが多かったですが、ひとりひとりと丁寧に関わることで少しずつ安心して貰えるようになりました。0、1歳児を持つことが多いため、長い間成長を見守ってきた子が初めて「ゆうかせんせい」と呼んでくれた時は1番嬉しい瞬間です。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
私は前に立って発表したり、リーダー職などがどうしても苦手なのですが、小規模園では1人で行事の担当を持つので、初めての担当行事はとても緊張しました。七夕の担当を持った時、園長先生や先輩の経験を参考にしながら企画して、終わった後には反省会がありました。自信がなかったため不安でしたが、周りから「子どもに伝わりやすいように工夫されていた」「参考にしたいと思った」と評価してもらい、とても嬉しく思いました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
繰り返しになりますが、アットホームであたたかい環境で保育ができるところが1番の魅力だと思います。園舎は保育園というより家のような雰囲気で、子どもたちはもちろん保育者自身も安心して過ごすことが出来る環境になっています。そして、上司や先輩とも気軽に話せる関係性で、優しい先生が多いです。私の思いを否定せず、いつも優しく受け止めてくださいます。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
私は歌を歌うことがとても好きなので、自分の歌声を研究しながら歌を練習しています!園でも柔らかい歌声を意識しながら、子どもが穏やかな気持ちになるといいなと思いながら子守唄やわらべ歌を歌うことが多いです。また海外の文化を知ることが好きで、特に今は中国の古い文化や中国語に興味があるので、休みの日に中国ドラマを観たいなと思っています。
どんな保育士になりたい?
面接の時にも話したのですが、私は子どもの「第2のお母さん」になりたいと常に思っています。それが私の理想の保育士です。自分に余裕が無い時には、つい子どもの思いに寄り添えず反省することがあるのですが、学んだことは沢山あります。これからもっと学びを深めて丁寧に子どもと関わることで、自分の理想の保育士になれるよう励んでいきたいと思います。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
保育について学んだり就職先を探す中で、自分の理想の保育が膨らんできていると思います。法人や園によっても保育観や特色は様々なので、たくさんの保育園やこども園に見学に行き、ここで保育をしてみたい!という園を探してみてください。きっと理想の園が見つかると思います。見つかったら、自分の思いや保育への意欲を全力で伝えてみてください。いつかどこかで保育士として会えることを楽しみにしています!

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる