保育士BOOK

初めての方へ

株式会社さくらさくみらい さくらさくみらい中村北

先輩保育士インタビュー

さくらさくみらい中村北

にしむら先生

東京家政大学短期大学部 2019年卒業

東京都出身

どうして保育士になろうと思ったの?
保育士になろうと思ったのは、幼い頃自分が保育園や幼稚園に通っていて、関わってくれた当時の担任の先生たちのことが大好きだったことからです。毎日園に行くのが楽しみだったし、安心して通えました。また子どもが好きで、年下の子の面倒を見ることが好きだったこともきっかけになりました。
どんなふうに就活したの?
私の就活のスタートは、東京家政大学短期大学部2年生の春頃でした。さまざまな保育園、幼稚園が集まる合同説明会に、2回ほど参加しました。さくらさくみらいの保育園のみ、説明を聞いただけでなく、園見学や保育参加もさせていただきました。私は直前まで保育園か幼稚園か悩んでいたので、実習や園見学を経て自分がどういった保育をしたいのかを考え、保育園に就職することを決めました。
今の保育園はどうやって知ったの?
私が現在勤めている、さくらさくみらい中村北のことは、大学に求人が来ていたことで知りました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
さくらさくみらいの園では、「おうちのようなほいくえん」というフレーズがあります。それが特に印象に残り、お話をうかがうだけではなく、園見学や保育参加を希望しました。実習を経て、教育というよりは子どもに寄り添う保育をしたいと感じるようになりました。その中でさくらさくみらいは、自分の理想とする保育観と似ていると思いました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
私が配属されたさくらさくみらい中村北は、ちょうど開園のタイミングでした。先輩方もみなさんが初対面という状況での準備は少し不安でした。でもそんな忙しい中でも、新卒の私ができそうな仕事を選んでくださったり、壁面や環境構成などについてじっくり教えてくださり、本当に心強かったです。また、「みんな同じスタートだよ」と言ってくださる先生が多く、緊張することなく関係を築くこともできたので良かったです。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
私は保育の際にピアノを弾くことが多々あるのですが、子どもがその姿を見て、お家で、「わたしも先生みたいにピアノが弾けるようになりたい」と保護者の方に話していたそうです。連絡帳を読んで、すごく嬉しかったです。また、乳児の担任をしていた頃は「せんせい」としか言えなかったのに、「にしむらせんせい」と名前をつけて呼んでくれた時は、成長を感じとても嬉しかったです。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
新卒の頃、ずっと寝転がっている子がいて、なぜそうしているのかわからず、その子にたくさんの遊びを進めていました。それを見た主任に、「寝転がることがこの子にとっての遊び、好きなことかもしれないから、一緒に寝転がってみたらどう?」とアドバイスをいただきました。私にはその発想はなく、驚いたと同時にとても勉強になり、今でもよく覚えています。その子ならではの楽しさがあるということを気づいた大切な機会でした。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
さくらさくみらい中村北では、全職員が、子どもの名前と顔を覚えています。 すれ違った時に声をかけるだけではなく、名前を呼んで挨拶や話をしているところがとても良いと思います。先生たちが子どもに寄り添っているのを実感しますし、園全体で子どもたちを見守ることができているのではないかと感じています。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
私の趣味は料理をすることです。レパートリーを増やして、おいしい料理をたくさん作れるようになるため頑張っています!
どんな保育士になりたい?
主任の先生にアドバイスをいただいたように、一人ひとりの好きなことや遊びに気づき、発想や視点を大事にしていきたいです。また子どものちょっとした変化に気づき、寄り添うことができる保育士になりたいと思います。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
学生のうちに、乳児・幼児の全年齢の発達についてしっかり頭に入れておくと、自分の中での安心材料となると思います。どのクラスに配属になるかはわからないので、事前に学んでおくと取り組みやすくなると思います。また、書類を書くことがとても増えます。読書をして語彙力をつけておくと書き進めやすいです。指導案だけでなく、連絡帳やおたよりは語彙力が特に大切になってくると思います!頑張ってくださいね。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる