保育士BOOK

初めての方へ

株式会社さくらさくみらい さくらさくみらい笹塚

先輩保育士インタビュー

さくらさくみらい笹塚

さとう先生

東京未来大学福祉保育専門学校 2021年卒業

神奈川県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
自分が子どもの頃に通っていた幼稚園の先生が大好きで、憧れていたからです。入園式で泣いてる私に、担任の先生が優しく声を掛けてくれたという事を今でもよく覚えています。その後も小中学校へ通う中で、小さな子どもと遊ぶ機会が多くありました。子どもの頃からお世話をする事が好きで、保育士になりたいと思っていました。
どんなふうに就活したの?
実際に少しでも現場に触れて、それぞれの雰囲気や様子を知りたいと考えていたので、専門学校1年生の夏から、気になる園にボランティア実習をさせて頂きました。実習先は、就職先として考えていた気になっている園を選んでいました。感染症が流行し出した時期でもあったので、慣れないリモートでの面接があり、表情や仕草などが上手く伝わるか心配でしたが、とても温かくご対応下さいました。
今の保育園はどうやって知ったの?
より多くの園で実習をして経験を積みたいと思い、専門学校に入って早いうちから園でのボランティアなどをさせて頂いていました。そんな中で、同じ学校の同級生が実習先として決めていた事で、名前を知りました。とても素敵な保育方針、保育指針で、働いてみたいなと思いました。方針通り、保育士も子どもも笑顔溢れる温かい園だなと感じました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
実習で計1ヶ月間お世話になりました。どこの園よりも温かい雰囲気で、子どもと接している印象がありました。お忙しい中でも丁寧にご指導くださり、就職が決まっていた際には、「待っているよ」と温かく声をかけて頂き、とても嬉しかったです。アットホームで、とても温かい雰囲気があり、保育方針、保育指針がそのまま実践されている素敵な園だなと感じました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
「おうちのようなほいくえん」や「愛情をたっぷりと注ぎあわてず個性を伸ばす」という方針に共感しました。また、これらが実践されていると肌で感じられた事も印象深いです。 「笑顔のサイクル」という、"保育に関わる職員が笑顔で接すれば、子どもが笑顔になり、子どもの笑顔を見て保護者も自然と笑顔になる。"と掲げている所も、子どもだけでなく私たち職員のサポートもして下さるのだなと、安心できるポイントでした。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
生活の切り替えのタイミングなどで、自分が子ども達の前に立って、まとめなくてはいけない時に、上手く子ども達の気を引けず、子ども達はそれぞれ興味のある方へ散り散りになってしまう事がありました。子ども一人ひとりと触れ合う時間を大切にして、信頼関係を築いたり、ペープサートやスケッチブックシアターを作ったりして、保育の引き出しを増やすようにしました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
一歳児クラスの担任なので、徐々に言葉が増えてきて、初めて「せんせい」と呼んでもらえた時はとても嬉しかったです。ずっと保育士になることが夢だったので、担任を受け持っている子ども達にそう呼んでもらえる事に感動しました。 約1年間関わり、身長がグンと伸びている事や、言葉が増えたり、お友達と関わるようになったり、一つ一つの成長をふと感じる事は、何度目でも嬉しくなります。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
「いつも頑張ってくれて、ありがとう」と先輩の先生に言ってい頂いた事がとても嬉しく、印象に残っています。自分の保育に自信が持てず、先輩にもご迷惑や心配をかけてしまっていたので、そんな中で温かく受け止めて下さった事が本当に嬉しかったです。その一言で、今日も頑張ろう!と元気をもらえたので、私もさりげなく、人に力を与えられるようになりたいと思いました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
担任の保育士が子ども一人一人を見るだけでなく、園全体で見守ってくれている所が一番の魅力です。一人一人の些細な変化も共有し、保育を行なっています。保育方針通り、保育士が笑顔なので、子ども達も温かい雰囲気の中で伸び伸びと過ごせていると思います。先生方の言葉が温かく、失敗をしても次々頑張ろうと思える環境である事が、本当に素敵だなと思います。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
散歩が好きで、よく気分転換に散歩に出掛けています。最近は暖かくなってきたので、平日休みの昼間などに、人混みを避けて人気が少ない場所へのんびりと散歩にいく事が気持ちいいなと感じています。色々な景色を見ながら、のんびりとくつろいでいます。歩く事は健康の為にも良いですし、気分もリフレッシュできて一石二鳥です。
どんな保育士になりたい?
子どもの変化に少しでも早く気づき、すぐに対応できる保育士になりたいです。体調の変化や、精神面の変化、成長としての変化など、様々な変化がある中で、知識を増やして適切な対応をすぐに取れるようにしていきたいです。 保育の中で、得意な分野をみつけられていないので、ピアノを練習してリトミックが得意になったり、子どもの運動発達を更に勉強して、運動遊びが得意になったり、何か得意な分野を身につけたいです。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
自分に合った就職先が見つけられるように、応援しています。学生時代は、指導案の書き方や日誌の書き方など、課題に追われながら、なんでこんなに繰り返し練習するのだろう?と感じる事がありました。しかし、そのうちにより質良く、スピーディーに書く事も仕事を進める上で大切な事だと気付きました。実際に働き始めると、他にももっと知らない事が出てくるのでそれを実感しました。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる