保育士BOOK

初めての方へ

株式会社さくらさくみらい さくらさくみらい小日向

先輩保育士インタビュー

さくらさくみらい小日向

K.Y先生

大阪芸術大学短期大学部 2021年卒業

長野県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
私は幼少期からピアノを習っていたのでそれを活かしたいと思ったことと、昔から近所に子どもが多く、一緒に遊んだり面倒を見たりする機会が自然とあって「小さい子どもって可愛いな」と思っていました。その二つを満たせる職業が保育士なのでは?と思い、保育士になろうと決めました。
どんなふうに就活したの?
8月頃から就活を始めました。5園ほどの説明会に参加し、なるべく自分が理想としている保育と合っているところを選ぶため、それぞれの保育理念や保育方針、園の設備や働いている保育士の雰囲気などをよく見て比較・検討をしました。
今の保育園はどうやって知ったの?
短大の先生からの勧めで知りました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
今の園の見学は、新型コロナウイルスの影響もありzoomで行われました。園の雰囲気も明るくてとても良く、設備なども子どもたちの安全を第一に考えて環境設定されていることがとても印象に残りました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
家庭の次に長い時間を過ごす保育園だからこそ、子どもたちにとって保育園は家庭と同じように安心できる温かい場所であってほしいと思っているので、説明会の際に園の保育方針や保育を行う上で大切にしていることを聞き、「おうちのような保育」という言葉がとても記憶に残っています。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
フリーという立場だったので、日によってや時間によっていろんな年齢の子どもと関わり、先生によってやり方が違うことも多く、最初はついていくのが大変で戸惑いました。 しかし、時間が経つにつれてだんだん一日の内容が分かるようになってきて、私がどういった援助をするべきなのかも分かるようなってきました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
子どもがトランプにはまっていたので、簡単なマジックをやって見せたところ、子どもが保護者の方にもその出来事を話したようで、それをきっかけに保護者との会話が広がったことがありました。 また、子どもが帰宅後も保護者に「今日保育園でこういうことがあったんだよ!」と話しているということは、きっと楽しかったり思い出に残ったということなんだろうなぁと感じて嬉しかったです。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
休憩中など先生方と子どものことを話したり相談するのですが、普段なかなか気づかない子どもの頑張っている姿や、成長している姿を教えていただいた時に、先輩方は毎日忙しい中でも本当に子どもたちをよく見ているんだなと尊敬しました。私も先輩方のように、子どもたちのことを一番に考えられる先生になりたいと思いました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
子ども主体の保育を大切にしているところが素敵だなと思います。 子どもたちが「これしてみたい!」「もっと知りたい!」と思ったことを日々の活動に取り入れて保育をすることができます。子どもたちも自分の意見が反映されやすいので、積極的に自分の考えを言ってくれる子が多く、自主性を伸ばすのにもとても良いと思います。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
趣味がゲームなので、仕事が終わった後はずっとゲームをしています。私なりのストレス発散方法です!
どんな保育士になりたい?
子どもはまだうまく話せなくても、たくさんのことを感じそれを表現したい、伝えたいと思っています。なので、子どもの姿をよく見てひとつひとつの行動にどんな意味があるか、今どんな気持ちなのか、その意味を見出せる保育士になりたいです。そのためには子どもの小さなサインにも気付けるよう、普段からその子の性格や特性を理解した上でよく見るようにしていきたいと思います。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
保育士にとって働く園選びは、とても重要です! たくさんの園がある中で、自分はどんな風に子どもと関わりたいかを考えて明確にし、園ごとの保育理念や保育方針をよく調べておくと良いと思います。自分の考えに合う、共感できる園を選ぶ際に役に立ちます。希望に近い園が見つかるよう応援しています。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる