保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人みずほ育伸会 みずほ保育園川口里

先輩保育士インタビュー

みずほ保育園川口里

まな先生

桜の聖母短期大学 2020年卒業

福島県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
親戚で集まる場が毎年あるのですが、私はそのときによく年下の子のお世話をしていました。その経験があり、小さい子のお世話をすることが好きになりました。中学校の職場体験では保育士のお仕事を体験し、保育士の先生から「保育士に向いてるよ」と言われたことが保育士を目指すきっかけになりました。
どんなふうに就活したの?
大学1年生のころから県外に行って保育士として働きたいと考えていて、合同説明会があるか調べていました。大学2年生の夏休みには、本格的に説明会を受けはじめました。そこで少しでも気になった園に見学に行きました。7園ほど検討しました。見学に行く際には、自分の中で譲れない条件を数個準備しておいて、その点に注目して見学していました。
今の保育園はどうやって知ったの?
多数の合同説明会に出席していましたが、大宮で行われた合同説明会に出席したことがきっかけでした。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
私が見学でお世話になったのは、大宮の合同説明会に出席していて、今勤務している「みずほ保育園川口里」です。子供たちの笑顔が活き活きとしていました。見学に来た私に子供たちが、今日楽しかったこと、明日楽しみにしていることを話してくれるなど、保育園の生活を子供たちが楽しんでいる姿が印象に残っています。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
子供たちの活き活きとした笑顔が魅力に感じました。子供たちが楽しんでいる声を聞くとやりがいを感じられます。また私は県外での就職を望んでいましたので、社宅の制度がある点も良いと考えています。上下関係なく気軽に悩みを相談できる環境もとても魅力に感じました。系列園で協力し合える関係性も良いと感じています。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
実際に園の現場に入ったとき、しっかり臨機応変に動くことができるのか、そして子供たちが私についてきてくれるのかが不安でした。そこで当時の主任に、どのようにすれば臨機応変に動くことができるのかや、子供たちの興味は何かなどの相談を積極的に行いました。たくさん話し合いを行い、それを日々の保育に生かしていきました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
子どもたちが私を「まな先生」と呼んでくれた瞬間がとても印象に残っています。また、私がリーダーとなって園の活動を考え進める中で、「面白い!楽しい!」という声が聞こえてきたときは嬉しかったです。保護者の方々と、子どもたちの成長を共有するときに一緒に驚いたり喜んだりするときも感慨深いです。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
園の仕事について、自分ひとりで何もかも抱え込んでしまっていたときがありました。私が考え込んでしまっていた様子を見ていた園長先生がふと声をかけてくださいました。一人で抱え込んでいた悩みについて相談して、そのことについてアドバイスをいただいたことが印象に残っています。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
上下関係がなく、気軽に悩みを相談できる職員同士の関係性は良いと思います。また、補助金などの制度も充実していて、働きやすい環境だと感じています。なにより子どもたちの笑顔があふれています。「みんなで作り上げていく保育」という園の雰囲気と制度が魅力的だと考えています。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
子どもたちに楽しんでもらえるようなものを考えるのが好きです。例えば、ペープサートづくり、パネルシアターづくりに夢中になっています。プライベートでは、好きなアーティストの音楽鑑賞が趣味です。
どんな保育士になりたい?
いつでも当たり前に子どもたちを第一に考えて行動できる保育士になりたいです。具体的には、子どもたちの笑顔を自然と引き出せたり、子どもたちに真っ先に頼ってもらえたりするような保育士を目指しています。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
説明会に出てみてとにかく少しでも自分が気になることがあれば、その保育園をたくさん見学して、十分な情報収集をしたうえで、後悔しないように保育園を選ぶことが大切だと考えています。縁がありましたら同じ保育園で働けることを楽しみにしています!

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる