保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人まあれ愛恵会 上尾たいよう保育園

先輩保育士インタビュー

上尾たいよう保育園

りほ先生

東京家政大学短期大学部 2015年卒業

埼玉県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
小さい頃から兄弟やいとこのお世話をする機会がたくさんありました。そういう経験を通して保育士を目指すようになりました。今思うと、私にとって保育士になることはとても自然の流れでしたね。
どんなふうに就活したの?
就活は10月中旬ころから始めました。それまでは就職セミナーに参加したり、卒業生の話を聞いたりして、少しずつイメージ作りをしたりしました。園見学には、今働いている「上尾たいよう保育園」を含めて2園にいきました。
今の保育園はどうやって知ったの?
短大にきていた求人情報のなかで今お世話になっている「まあれ愛恵会」を知りました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
当園は行事がたくさんあります。私が園見学に行った時も子ども達の楽しそうな様子がとても印象に残りました。また見学の対応をしてくださった先生のお人柄にも感銘し、すぐに「ここで働きたい!」と思いました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
たくさんの行事や楽しそうな子ども達の様子など、とても良い印象を持ったことに加えて、福利厚生が充実しているのは大きな魅力でした。迷うことなく「まあれ愛恵会」で働こうと志望を決めました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
新園の立ち上げだったこともあり、先輩方がいろいろと丁寧に教えてくださったので、有難いことに大きな不安はなかったですね。充実した福利厚生もあって、安心して楽しく保育ができる環境が整っていました。働き始めから、子ども達の可愛さを実感する日々でしたね。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
新しく立ち上げた園で年長児の担任を持たせていただけたことは、かけがえのない経験になりました。1年間、あれこれアイデアを出し合い先生方と力を合わせながらようやく年度末に辿り着き、無事に卒園児を送り出せました!この時の経験は保育者人生の中で、かけがえのない貴重なものになっています。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
担任を何度か経験した後、主任を任されました。初めての経験で分からないこともたくさんありましたが、園長先生とその都度コミュニケーションを取り、相談しながら進めることができました。園長先生からはさまざまな学びをいただいています!私自身、園長先生のように信頼される人になりたいと思っています。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
当園には、年齢層では若い先生が多いのですが、みなさん「まあれ愛恵会」の法人としての良さをよく知っています。保育理念を理解して、子ども一人ひとりのことを考えた保育に一生懸命向き合っています。また就職を決めたきっかけになった福利厚生については、働き始めてより一層その充実の有り難さを実感しています。安心して長く働ける環境が整っている「まあれ愛恵会」を選んで本当に良かったです。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
ここでは新しいことに挑戦させてもらえ、自分自身も成長できます。だからこそ主任をまかされ、初めてのことや難しいと感じることにも、どんどん挑戦していきたいです。この立場になって初めて、導いてくださった先輩方の大きさに気づきました。今度は私自身がそれに挑戦しています。先輩や信頼できる仲間がいるからこそ、もっと頑張ろう!という気持ちも湧いてきますね。
どんな保育士になりたい?
子ども達が楽しく通える園づくり、先生達も楽しく仕事ができる環境づくりに貢献できる保育者を目指し、これからも頑張っていきます。何事もやってみるまで本当のところはわかりません。仲間とともに新しい挑戦ができる人であり続けたいです。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
「まあれ愛恵会」は福利厚生の充実はもちろん、子どもも先生も輝けるように、子どもと同じくらい保育士を大切にしています。ネットや求人票の内容だけでは伝えきれないこともあります。ぜひ見学に来て、ご自身の目で見て感じてください。毎日働く場所だからこそ、実際に働いている先生の生の声を聞いて決めることをお勧めします。お待ちしています!

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる