クマさん保育所グループ(社会福祉法人 優愛会/株式会社スターズ) 与野クマさん保育所

先輩保育士インタビュー

与野クマさん保育所

まゆ先生

東京成徳短期大学 2020年卒業

埼玉県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
中学生のときに職業体験学習で幼稚園に行ったことがきっかけで、保育の仕事に楽しさややりがいを感じ、保育士を目指そうと思うようになりました。幼稚園の先生方が子どもに囲まれて楽しそうに過ごしていたことや、責任をもって子どもを育てている姿に影響を受けたのだと思います。
どんなふうに就活したの?
保育士向けの求人サイトや園のホームページを見て、自分のやりたい保育ができそうな園を探しました。
今の保育園はどうやって知ったの?
インターネットで保育士の求人情報を調べていたときにクマさん保育所のことを知りました。系列園がすべて新しく、保育環境が整っていることに魅力を感じました。また、保育理念や保育内容にも共感しました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
当園は当時新園で園舎がまだ建っていなかったため、系列の別の園を見学させてもらいました。クマさん保育所の「あそぶときはあそぶ やるときはやる」というスローガンを聞き、「自分の理想にぴったりだ。いいな」と思いました。新園ということもあり、みんなで一緒にスタートするというところにも魅力を感じました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
乳児を担当するのが初めてだったため不安がありましたが、クラスの先生と話し合ったり、分からないことを聞いたりしながら無我夢中で保育をしました。初めは手探り状態でしたが、教えていただいたことを活かしながら保育を行っていくうちに、だんだん不安が取り除かれていきました。実際動いてみることで分かってくるし、不安もなくなっていくんだな、と思いました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
泣いて登園していた子どもが泣かずに登園できるようになったり、私が出勤すると笑顔で近寄ってきてくれたり…。子どもの成長を感じたときや、子どもの言動に自分への信頼や愛情が込められていると感じたときに、保育士になってよかった!と心から思います。そしてそのことが、これからも子どもたちの成長を近くで見届けたい、子どもに信頼され、愛される保育士でありたい、と思う原動力になっています。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
先輩が、「何かあったら何でも話してね」と言ってくださったことがうれしかったです。いつもあたたかく見守ってくださっていて、任せるところは任せ、必要な場面では声をかけてサポートしてくださるので、安心して子どもたちに向き合うことができます。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
子どもたちと関わる中で、成長を感じたり笑顔を見たりすると、この園に入職してよかったなと思います。子どもと一緒にいると大変だと思うこともありますが、結局いつもそんな私を癒し、励ましてくれるのは子どもたちです。かわいいい子どもたちの日々の成長を見逃したくないので、片時もそばを離れたくありません。この子たちに出会えて幸せです!
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
好きなバンドのコンサートに行くことです。自分にとって、最大の気分転換の場所です。コロナ禍でコンサートに行く回数が減っていましたが、また以前のように思い切り楽しめるようになるのではないかと期待しているところです。
どんな保育士になりたい?
子どもたち一人ひとりに寄り添い、みんなに信頼される先生になりたいです。子どもたちといつも一緒にいて、それぞれの個性や成長をしっかり捉え、保護者の方や他の先生方と一緒に楽しみながら保育していきたいと思います。笑顔を絶やさず、子どもにも保護者の方にも安心感を与えられる保育士になることを目標に、がんばっていきたいと思います。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
手遊びやペープサートなどのレパートリーを多く持っておくと、保育士になってから役に立つと思います。学生のうちから保育の引き出しを増やすことを心がけておいてくださいね。みなさんもそれぞれ理想とする保育士像があると思います。自分のなりたい保育士になれるように、授業や実習にひたむきに取り組んでください。応援しています!

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる