保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人まあれ愛恵会 北上尾たいよう保育園

先輩保育士インタビュー

北上尾たいよう保育園

まゆ先生

川口短期大学 2017年卒業

埼玉県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
私が保育士を目指したきっかけは、小さい頃、通っていた保育園がとても楽しく、保育園の先生が大好きで、その憧れの先生のようになりたいと思ったからです。ですから、幼い頃から将来は保育園の先生になることが私の夢でした。
どんなふうに就活したの?
私は、すべての実習が終了してから感じたのは、どの職場にも色々な目標を掲げた保育方針があり、園独自の良さや特徴があり、何を基準に選べば良いのかということでした。自分自身が「何を重視するのか」考え悩み、結論に達するのに時間がかかりました。
今の保育園はどうやって知ったの?
私は、短大時代に様々な就職情報で求人先を探していました。そんな中で、「社会福祉法人まあれ愛恵会」を知ったきっかけは、学校にあった求人票で知りました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
「北上尾たいよう保育園」は少人数保育なので、一人ひとりの子どもをしっかりと見ることができる点が良いと思います。以前から新設園に興味がありましたので、一から園を作り上げるという経験をしてみたかったので、この貴重な体験は毎日がとても創造的です。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
当初は1人担任ということに不安もありましたが、悩んだ時すぐに相談できる副園長・園長先生がおられたので、悩んだ際はすぐに相談をしました。副園長・園長先生は、常に一緒に考えてくださり、どうすれば解決できるのか、解決の方向を示してくださったので、とても有り難かったです。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
卒園児を担任した際に、運動会へ向け一生懸命練習をする中でなかなか成功できないまま本番を迎えました。でも、子どもたちは、本番にはしっかりと成功し、その凛々しい姿にとても感動しました。また、謝恩会で保護者から「とても素敵な先生に担任をもってもらえました」というお手紙を頂いたことも忘れられません。それと、子ども達が卒園して大きくなっても、運動会など参加競技に参加し会いにきてくれることが嬉しいです。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
私が悩んだ際に、園長先生、副園長先生は、いつも一緒に悩みアイデアを下さいました。また、『最近どうですか?』とこまめに声を掛けて下さるのも、心温まります。新園立ち上げで分からないことも多い中、同期の先生方とは、お互いに協力して声を掛け合い、意思疎通を図りながら進めていくことができました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
職員の皆さんが温かく、居心地の良い園だと思います。また、社会福祉法人まあれ愛恵会は、他園も含めて法人内の絆が強く、みんなで成長していこうという団結力を感じます。
どんな保育士になりたい?
私が理想とするのは、常に笑顔で子どもの気持ちに寄り添える保育者です。保育の引き出しがたくさんあり、幅広く深い経験と知恵があり、楽しい保育者を目指しています。周りのことをよく見て考え気配りができ、子どもだけでなく、職員に対しても思いやりのある声を掛けてあげられる保育者になりたいです。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
自分のなりたい保育士像を具体的に描き、そこで働く自分を想像し、実現できそうな園をさがしてほしいです。そして園見学をした際には、そこで過ごす子ども達や先生方の表情をよく見て、楽しく笑顔溢れる園を探してほしいです。保育の引き出しを多く持っていると、実際に保育をしていく中で様々な時に活用することが出来ます。授業で行った各自の手遊びの発表なども、他の人が行った内容でも振り返り自分のものにしましょう。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる