保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人まあれ愛恵会 元町たいよう保育園

先輩保育士インタビュー

元町たいよう保育園

りさ先生

浦和大学 2020年卒業

栃木県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
もともと子どもが好きだったということもありますが、私自身の親が子ども関係の仕事をしていて、その様子をずっと見ていたため、自然に興味を抱き、保育の仕事を目指すようになりました。
どんなふうに就活したの?
大学4年の夏頃から、就職活動として少しずついろいろな園を調べ始めました。多くの園があったので、自分に合った雰囲気や特色の園を探したり、学校の先生に相談したりしました。
今の保育園はどうやって知ったの?
インターネットで調べていく中で、当園のホームページを見つけて知りました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
今働いているのは、2021年4月に開園した「元町たいよう保育園」ですが、見学は同じ法人の系列園に行きました。その園では、自分と同じくらいの年齢の先生が優しく子どもたちに接していて、とても親しみと良い印象を持ち、自分もあんな風に子どもたちと接してみたいと思い、この法人を志望するきっかけになりました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
1人でクラスの担任を受け持つのではなく、複数の先生と一緒に考えながら保育ができるところが良いと思いました。また法人の保育方針にもあるとおり、家庭的な雰囲気の中で保育ができるところに惹かれました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
最初の頃は、子どもたち一人ひとりにどうやって関わればよいのか分からず、不安でした。でも毎日保育の仕事に取り組み、子どもとの関わりが日々増えていく中で、それぞれの子どもの好きな物や興味のあることを知ったり、個々の性格が分かってきたりして、少しずつ接し方が分かっていきました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
保育士になって初めて子どもに「先生」と呼んでもらえたときは、とてもうれしかったです。保育士になったという実感がわきました。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
私の保育の様子について、他の先生から、「子どもたちに優しく接していて、穏やかな雰囲気なのがいい」と言われ、とてもうれしく励みになりました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
今の園では、自分がやりたいと思ったことを、実際に保育の場でやらせてもらえるので、とてもやりがいのある環境だと感じています。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
おもちゃを手作りするのが好きなので、作ったものを保育にもどんどん取り入れて、子どもたちを喜ばせたいです。あとは動画鑑賞をしてリラックスしています。
どんな保育士になりたい?
子どもたちが園で安心して楽しく過ごせるよう、常に自分自身の気持ちに余裕があり、一人ひとりの子どもたちのことを冷静に見ながら、それぞれに合った対応ができる保育士になりたいです。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
園によってさまざまな方針があるので、自分がどういう保育をしたいのか考えて明確にしておき、それが実現できる、自分に合った方針の園を調べるといいのではないかと思います。私のように困ったときは学校の先生にも相談しながら、ぜひ夢の実現に向けて頑張って下さい。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる