交通費サポート対象詳細はこちら

小鳩グループ(社会福祉法人こばと/株式会社チャイルド・ピース) 小鳩保育園/小鳩ナーサリースクール/小鳩スマート保育所

保育士BOOKおすすめポイント

「子ども第一主義」で子どもたちを丸ごと受け止め、子どもの声に全力で耳を傾けた遊びを毎日展開!たくさん笑って子どもも保育士も楽しい、明るく・元気な・優しい職場。今日も明日もにぎやかな保育園です♪(男性保育士積極採用中◎)

イチオシポイント

保育・教育の特徴

子どもを中心に保育を考えて、実践

一人ひとりをあたたかく見守り、育ちを支え、心の動きに応じる『子ども第一主義』を実践

働きがい

学びたい!やってみたい!のチャレンジを応援

保育に必要なスキルを習得しながら、働く中でも成長できる!豊富な研修&手厚いフォロー支援◎

働きやすさ

プライベートも充実!仕事仲間との交流も充実!

休みがしっかり取れて、残業もほぼ0!社内サークルやイベントで仕事仲間とも楽しく過ごせる♪

入社後支援・研修

相談しやすい!話して安心できるフォロー支援

複数担任制の他、少人数クラスも職員みんなでサポート!セラピストにLINEで直接相談もOK◎

理念

小鳩グループ理念

『子ども第一主義』
子どものことを第一に考え、幸せを願います。

方針・目標

保育理念

豊かな心と健やかな体を育み、生涯にわたる「生きる力」の基礎を培う

・健康・安全のもと、情緒の安定した生活ができる環境を整え、
 自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、
 子どもが周囲の環境に興味・関心をもってかかわろうとする意欲を支えます。

・個性を大切にし、一人一人の良さと可能性を引き出し、
 自ら伸びようとする力を育てます。

・家庭的な雰囲気の中で、あたたかい愛情をもって子どもに寄り添い、
 興味と発達に応じた働きかけを行うことで、人への信頼感と自己肯定感を育みます。

目指す子ども像

●健やかな体と心をもつ子ども
健やかな体と心をもつ子ども健康な心と体の育ちを支え、一人一人の良さを存分に発揮する力を育てる。

●のびのびと自分を表し、創り出す子ども
自分なりに考え、表現することを通して、より良い未来を創り出す力の基礎を培う。

●感性豊かで、思いやりのある子ども
愛情あふれるあたたかい環境と安心できる人とのかかわりの中で、豊かな感性を育む。

法人概要

法人名 小鳩グループ(社会福祉法人こばと/株式会社チャイルド・ピース)
法人住所 【本部 浦和オフィス】
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-8-23

【本部 東京オフィス】
東京都港区浜松町1-21-4 崇城大学会館3階
設立年 【社会福祉法人こばと】
2015年

【株式会社チャイルド・ピース】
1998年
事業内容 認可保育所・小規模保育所・認証保育所・認定ナーサリールーム・病児病後保育室の運営
施設数 合計19箇所
・保育所 18園(一之江分園は本園と合わせて1施設とする)
・病児病後保育室 1施設
従業員数 グループ全体 337名(2023年4月1日時点)
特記事項 ▼公式ホームページはこちら
小鳩グループ

園紹介インタビュー

保育運営企画課 マネージャー 新井 夕貴

『子ども第一主義』
子どもを真ん中に、成長し続ける園です。

どんな保育・教育をしていますか?

『子ども第一主義』を一番大切にしています。園それぞれの環境を活かしながら、園庭遊びや公園への散歩、うんどう遊び・英語・リトミックなど様々な活動をしています。また、子どもが落ち着ける場所を確保したいと、絵本コーナーの隅に天蓋のような布とマットを用意してゴロゴロできる空間を作るといった工夫もしていますよ。ゆっくり次の遊びを考える子や、前日に夜更かしをして眠い子、保育者はそんな一人ひとりの気持ちを丸ごと受け止め、小さな声に耳を傾けています。

園で過ごす子どもたちの様子は?

子どもたちは先生のことが大好き!先生が子どもを一番に考え、毎日あたたかく包み込んでくれるからこそですね。お散歩では地域の方やお年寄りと会話することも多いので、自然と思いやりや社会性が育まれていると感じます。また、各園の「こばとほっとステーション」も地域交流の機会になっています。これは園ごとにその地域で必要とされている子育て支援を行う取り組み。お誕生日会や保育活動に地域の子を受け入れることで、園の子どもにとっても良い刺激になっています。

園で働く人たちの様子は?

コミュニケーションが活発で仲の良い先生たちです。園同士のつながりも大切にしながら、保育の向上をみんなで目指しています。私たちが大切にしているのは「気づき」。どんな言葉かけも環境設定も、保育士の「気づき」から始まります。スーパーバイザーと保育コンシェルジュが企画したネイチャーゲーム「サウンド」は、先生たちだけで公園へ行き、目を閉じて聞こえてきた音を紙に表現するという研修。普段は聞き逃していた音の存在から、「気づき」の大切さを学びました。

どんな園にしていきたいですか?

私たちはいつでも学びの途中にいます。子どもが生き生きと過ごせる園、『子ども第一主義』の実現のために、会議でも研修でもどんな意見も受け止める姿勢を大切にしています。ベテランの先生でも1年目の先生でも、意見は同じように大切だと考えています。また、経験豊富な保育コンシェルジュやスーパーバイザーを中心に、カンファレンスや公開保育に取り組んでいるのも小鳩グループの特長です。これからも、多様な意見を受け止め互いに学び合う姿勢を持ち続けたいと思います。

園見学で見てほしいところは?

子どもたちが自由に遊んでいる姿を見てほしいです。子どもは遊びの天才で、公園で拾ってきた小枝や木の実、紐など、なんでも遊びの道具に変えていますよ。また先生同士の連携の良さにもぜひ着目してください。保育には正解がないからこそ、一人でいる子をしばらく見守りたい先生も、「これやってみよう!」と声かけをする先生もいます。小鳩保育園では、そんな日々の小さなことも気軽に話し合い、互いの意図を伝え、理解し合う先生たちの対話が見られると思います。

学生へのメッセージをお願いします!

私自身も学生時代の実習がきっかけで、本当に保育の道に進むかどうか迷った時期がありました。そんなときに小鳩保育園に出会い、先生の優しさと、そんな先生のことが大好きな子どもたちの姿を見て、ここで働きたいと思い今に至ります。実際に見ることで得られる直感もあるので、見学を大切にしてくださいね。また、今から少しずつわらべ歌や手遊びなど保育の引き出しを増やしておくのもおすすめです。簡単なものでも、子どもたちにとっては大きなプレゼントになりますよ。

主活動の一例

自然に触れることや地域交流を大切にしています。戸外遊びが中心で、活動や目的に合わせて公園も選びながら散歩に行きます。園庭がない施設は近隣の公園をたくさん利用することで、より地域の方との交流が生まれています。また、子どもたちに特に大人気なのが、施設によって実施しているサッカー教室です。英語やリトミック、スイミングなどを行う園もあります。それぞれの活動にねらいを持ち、子ども一人ひとりに寄り添った保育を全園で大切にしています。

1日の流れの一例

0・1・2歳児
7:00 開園/順次登園/あそび
9:00 補食(1歳頃~)/あそび
10:00 10:30 離乳食(0歳児)
11:00 昼食(1歳頃~)
12:00 午睡
13:00 離乳食(0歳児 )
15:00 おやつ(1歳頃~)
16:00 あそび/16:30 順次降園
18:00 延長保育/18:30 補食(1歳頃~)
20:00 閉園
3・4・5歳児
7:00 開園/順次登園/あそび
12:00 昼食
13:00 午睡
15:00 おやつ
16:00 あそび/16:30 順次降園
18:00 延長保育/18:30 補食
20:00 閉園

行事の一例

運動会・親子ふれあいデー

全園児合同で行っていた運動会を、『幼児の運動会』と『乳児の親子ふれあいデー』に分けてリニューアルしました。

『運動会』はそれまで行っていた競技をやめ、日々の子どもの様子に合わせたプログラムに変更しました。縄跳びや鉄棒、跳び箱など子どもが自分で自信のあるものを披露したり、ダンスの振り付けを自分たちで考えたりすることもあります。『親子ふれあいデー』は親子でプチピクニックに出かけるなど、子どもたちに寄り添って、その時に合わせた行事になっています。

4月 入園/進級
5月 ★クラス懇談会/★個人面談/こどものかい/内科検診
6月 衣替え/交通安全教室
7月 歯科検診/たなばたまつり/水遊び開始
8月 スイカわり/こばとまつり
9月 防災の日/敬老の日
10月 ★親子わくわくふれあいデー(0~2歳児クラス)/★運動会(3~5歳クラス)/衣替え/ハロウィンパーティー/内科検診
11月 勤労感謝の日/親子遠足(5歳クラス)
12月 クリスマスパーティー/冬休み
1月 冬休み/★クラス懇談会
2月 ★おおきくなったよかい(0~2歳クラス)/★せいかつはっぴょうかい(3~5歳クラス)/せつぶんまつり/マラソンたいかい(5歳クラス)
3月 ひなまつり/おたのしみかい/★卒園式
※各園によって、子ども達の歳児や構成が異なるため、行事はそれぞれの園の状況にあわせて行っています。上記は、80名規模の保育園の例です。
※「★」はおうちの方にもご参加いただく行事です。

保育士BOOKの「保育士」や「キャリアアドバイザー」にご質問・ご相談いただけます。
どんな内容でもお気軽にお問い合わせください。