保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人まあれ愛恵会 東浦和たいよう保育園

先輩保育士インタビュー

東浦和たいよう保育園

かなこ先生

埼玉福祉保育医療専門学校 2020年卒業

埼玉県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
以前、福祉系のボランティア活動をしていたのですが、そのときに子どもたちと関わることが多く、子どもが好きになったのが最初のきっかけです。そして保育を必要としている家庭の力になりたいと思い、保育士の仕事を目指しました。
どんなふうに就活したの?
就職活動をしているとき、気になる保育園があったので、その園に1日保育実習をお願いしました。保育園の1日の流れや、保育理念、雰囲気を知りたかったからです。実際に実習をしてみて、その園ならではの雰囲気が実感できました。園選びで後悔しないよう、就活中は自分で判断材料を集めるように努めました。
今の保育園はどうやって知ったの?
母校の就職ガイダンスに、まあれ愛恵会の園で働いている先生が来て、説明をしてくれました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
幼児クラスの担任の先生が、遊びの一環ではさみの使い方や文字の読み方の練習を保育に取り入れていました。子どもたちも自発的に楽しみながら取り組んでいて、自信と好奇心が広がっている姿が印象的でした。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
子どもと保育者、それぞれの色を尊重しようとしている雰囲気を感じました。担任の先生と子どもたちがのびのびと過ごせる環境であり、また子どもの最善の利益のために、周りの先生方が一緒になって考えてくれる環境だと思いました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
1年目は緊張の連続で、担任として他の先生と連携をとる難しさも感じました。力不足を日々実感し、これから保育士としてやっていけるのか不安に思うこともありました。 でも一緒に担任をしていた先生と子どもたちの成長を喜び合ったり、自分なりに試行錯誤したりしていくことで、不安よりも「この子たちのためならできる!やってみよう!」という気持ちが強くなり、担任としての自覚を持つことができるようになりました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
保護者の方からお子さんの発達のことで相談を受け、家や園での様子を共有しながら、今後の関わり方を話し合ったことがありました。少しずつ前向きな話が増えてきた頃、「先生が担任で良かったです」と言ってもらえたことがうれしかったです。 また、いつも恥ずかしがり屋な子が、運動会のお遊戯の前に「今日は頑張る!」と意気込んで、笑顔で踊りきり、「楽しかったからもう1回やりたい!」と言ったことが忘れられません。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
保護者から子どもの発達の相談を受けた保健所の職員の方が、その子の様子を見に来園したことがありました。園長先生に見守られながらクラス活動を行ったのですが、終わった後に先生から「素晴らしい活動でした」と言われ、本当に安心したことを覚えています。 また一人担任になって初めての懇談会で緊張していたとき、他のクラスの担任の先生に「大丈夫だよ」と声を掛けていただき、一人じゃないと思うことができました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
自分の担当のクラスでなくても、職員で協力して子どもたちのために頑張ろうと、張り切る姿勢があるところが好きです。 また困っていることは何でも相談できる環境なので、とてもありがたいです。 行事のときには盛り上がり、子どもたちの達成感や意欲、来年度への期待につながっていると感じます。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
子どもたちと図書館へ行くことです。新しい絵本や図鑑があると、みんな喜んで、興味を持ってくれます。 図書館の絵本は、保育園以外の人も使うということを、子どもたちも理解して、大切に丁寧に扱ってくれるため、図書館へ行って絵本を選ぶ体験を子どもたちと共有しています。
どんな保育士になりたい?
みんなに元気や自信を与えられる保育士になりたいです。少し元気が出ないときでも、「大丈夫だよ」と安心させて、前向きに取り組む勇気がわくように、心の支えになれる先生を目指したいです。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
園によって雰囲気や特色が全然違うからこそ、園選びには悩むと思いますが、後悔しないように納得がいくまで、いろいろな保育園を見て頑張って下さい。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる