保育士BOOK

初めての方へ

コビーグループ(社会福祉法人コビーソシオ/株式会社コビーアンドアソシエイツ) コビープリスクールしゃくじいだい

先輩保育士インタビュー

コビープリスクールしゃくじいだい

きぬか先生

八戸学院大学短期大学部 2019年卒業

青森県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
私は中学生の時に、保育の職場体験をしました。そこで子どもと接することが楽しいと思い、保育を学ぶことができる高校へ進学しました。高校でも実習を行い、その時もやはり子どもと接することがとても楽しく感じ、子どもの笑顔を近くで見ていたくなったので、改めて保育士を目指そうと思いました。
どんなふうに就活したの?
八戸学院大学短期大学部の在学中に、就活を始めました。就職の紹介会社などをりようしながら、就活を進めていました。園見学には、園見学には3社の保育園を見学をし、コビーでは都内の4園を見学に行きました。
今の保育園はどうやって知ったの?
社会福祉法人コビーソシオのことは、紹介会社を通して知りました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
今働いているコビープリスクールしゃくじいだいを見学した際、保育者と子どもの距離が近く、楽しそうだなと感じました。「先生」と「子ども」とはっきり区別されているのではなく、活動によって同じ目線でも接しているように思いました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
コビープリスクールしゃくじいだいは、園舎がきれいです。清潔感があるので、気持ちよく働くことができると思いました。保育者がそう思うということは、きっと子どもも気持ちよく過ごせているのだと思います。また、保育者も子どもと一緒に楽しむことができる環境であるように感じました。子どもだけではなく、大人にとっても良い環境であることが、コビープリスクールの魅力だと思いました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
入職したばかりの頃は、わからないこともたくさんありました。でもそんな時は、先輩方が話を聞いてくださいました。新入職員で不安も多い中、先輩方が気にかけてくださるのはとてもありがたいです。そのおかげで、こうして乗り越えられています。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
少しずつ子どもたちが話せるようになって、「きぬか先生」と自分の名前を呼んでくれたことは、忘れられません。できなかったことができるようになると、子どもたちの成長を感じます。保育士をしていて、子どもたちの成長が何より喜ばしいです。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
先輩方には、憧れの気持ちがあります。子どもたちの前で、保育者自らが楽しみ保育している姿を見て、私もこんな人になりたいと思いました。園見学で感じたように、子どもとの距離が近く、一緒に楽しむことができる園で嬉しいです。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
コビープリスクールしゃくじいだいは、歳が近い先生が多いです。そのため、いろいろな相談や趣味の話などができるのも魅力のひとつです。人間関係が良いので、安心して働くことができています。また、園舎がきれいで、気持ちよく働くことができます。人間関係も環境も、恵まれているように思います。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
今、BTSを見ることに夢中になっています。BTSから元気をもらっています。また週末には買い物へ行き、母からレシピを聞きながら料理を楽しんでいます。おいしいものを食べると元気が出るし、料理をすることがストレス解消にもなっています。
どんな保育士になりたい?
私は、子どもとたくさん笑い合い、一緒に楽しむ事ができる保育士を目指しています。また先輩方のように、自らが楽しみながら保育をしていきたいと思います。そうすることで、子どもたちとの距離も近くなると思います。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
実際に保育の現場を見て、自分に合っている就職先を探すのをおすすめします。文章や写真だけでは、わからないこともあります。就活中、焦りや迷いも多いと思いますが、自分の夢に向かって、納得いくまで就活をしてみてくださいね。保育士になると、かわいい子どもたちとともに、楽しいことがたくさん待っていますよ。一緒に頑張りましょう!

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる