保育士BOOK

初めての方へ

社会福祉法人まあれ愛恵会 元住吉おおぞら保育園

先輩保育士インタビュー

元住吉おおぞら保育園

あやか先生

名古屋柳城短期大学 2019年卒業

東京都出身

どうして保育士になろうと思ったの?
中学・高校と職場体験があり、その中で保育園に行きました。実際に保育の現場を見て、笑顔で働いている保育士さんの姿がとても楽しいそうで心惹かれました。それが子どもと関わる職業を目指したきっかけです。
どんなふうに就活したの?
就活は11月頃から始めました。初めは大学の就職支援でセミナー受講したり、卒業生の残してくれた情報を見たりして、その後、いろいろな保育園について園の様子などを調べました。その中から2つの園に絞り、見学に行きました。また大学の就職指導では特に面談を重視していて、どんな質問をされても答えられるように、自分のやりたい保育や目標などをしっかりと考え、準備をしました。
今の保育園はどうやって知ったの?
大学に来ていた求人情報で、今働いている「まあれ愛恵会」を知りました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
園見学では、新しい保育園ということもあって、園内がとても綺麗で整っているのが印象的でした。思い描いていた保育がここで形にできるとワクワクしたことを覚えています。また園庭には大きな遊具があって、ここで楽しそうに遊ぶ子ども達を想像することができ、それも魅力の一つになりました。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
先ほども触れましたが、環境が綺麗で整っていること、それに毎月のように楽しい行事が計画されていることにも魅力を感じました。たくさんの行事を子ども達と一緒に経験し、素敵な思い出がたくさん作れると思い、当園の志望を決めました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
新しい園ということで、開園前に担任間で保育の方針や環境づくりなど話し合い、事前の準備をしっかり行えたので、思いのほか大きな不安はありませんでした。立ち上げに関われたことは非常に貴重な経験。保育士としてその後のキャリアにも十分プラスになったと感じています。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
日々の保育やたくさんの行事で子ども達と一緒に様々な経験をしています。同僚の先生方の保育を参考にしたり、子ども達の様子を見ながら考えたり。そうしてあっという間に1年が過ぎ、年度末になって保護者の方から「1年間ありがとうございました」というお手紙が!その時は本当に嬉しく、またより一層やりがいを感じました。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
1年目に一緒の担任になった先輩先生の保育のやり方には、いろいろと学ぶところが多かったですね。短大での実習では経験できなかったことがたくさんありました。保育理念にもある「園児自らが伸びる力」を子ども達のやりたい気持ちを大切にしながら援助しているんだなと感じました。先輩のように子ども達の成長を見守り支えられる保育士になりたいと思っています。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
新園ということで伝統などに縛られることがなく、自分のやりたい保育を活動に取り入れ、現場で実践することができます。そこはとてもやりがいを感じますね。また行事が多く、特に運動会や生活発表会といった力をいれる行事では、子ども達の成長を直に感じられ、子ども達と保護者の方と保育士が一つになり、協力しあうことで達成感を味わえます。準備など大変なこともありますが、やり遂げた時には感動しますし、疲れも吹き飛びますね。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
ものを作ることが大好きです。日々の保育にも活かせるように、教材づくりを頑張っています。インターネットや本、また街中でも様々なものを見て刺激をもらい、いろいろなアイデアを巡らせながら、楽しんで作っています。
どんな保育士になりたい?
子どもには無限の可能性があります。それが「やりたい!」という気持ちや行動になって現れた時に、ちゃんとキャッチして大切に育ててあげられる保育士になりたいです。一人ひとり個性が溢れる子ども達に、いろいろな形で寄り添える姿が理想です。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
みなさんが目指している保育士は、子ども達の成長を間近で見ることができ、とてもやりがいがある仕事です!就職が決まるまでは大丈夫かなと不安で悩むこともあるかと思いますが、こんな保育をしたい、こんな保育士になりたいなど自分の思いを確かめ想像しながら、ぜひ素敵な保育士になってくださいね。応援しています!

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる