社会福祉法人まあれ愛恵会 元町たいよう保育園

先輩保育士インタビュー

元町たいよう保育園

ほのか先生

国際こども・福祉カレッジ 2021年卒業

新潟県出身

どうして保育士になろうと思ったの?
高校生のときに、保育園へ職場体験に行く機会がありました。そのときに、保育士さんたちが子どもたちと接する様子や、製作などの準備をする様子、年齢ごとの子どもに合わせて保育をする様子などを生で見て、子どもの成長に関わることができる保育士という仕事に興味を持ち、目指すようになりました。
どんなふうに就活したの?
就職活動として、まずは通っていた学校に届く求人情報をいろいろ見ました。そこで気になった園に見学を申し込みました。
今の保育園はどうやって知ったの?
学校の求人情報で知りました。
今の保育園に見学・実習に行ったときどうだった?
現在勤めている「元町たいよう保育園」の系列園を見学しました。コロナ禍のため、オンラインでの見学でした。実際に行って、直接園の様子を見ることができず不安もありましたが、オンラインで対応して下さった先生が、園のことを一つひとつ丁寧に教えて下さり、うれしかったです。
働く前に今の保育園のいいなと思っていたところを教えて!
オンラインにも関わらず、保育をしている様子を見ることができたのが良かったです。 また私は県外からの就職だったので、住宅手当がしっかりしていることも、ありがたいポイントでした。見学の際、分からないことを質問してもすぐに答えて下さったので、不安がなくなり、丁寧な対応に魅力を感じました。
保育園に入ったばかりの頃のエピソードを教えて!
県外に就職するということが不安でした。でも入職前研修で同期の先生や先輩の先生と知り合うことができたのが良かったです。また私が勤めることになった「元町たいよう保育園」は、ちょうど私が入職した2021年に新規開園する園だったので、その開園準備で多くの職員の方と関わっていくうちに、少しずつ最初の不安が解消していきました。
子どもたち・保護者の人たちとのエピソードを教えて!
苦手なものが食べられるようになった子が、給食のとき「先生、ピカピカにできたよ!」と笑顔で伝えてくれたとき、うれしい気持ちが共有できて、喜びを感じました。 また子どもから「ほのか先生みたいな先生になりたい」と言われたときも、とてもうれしかったです。
一緒に働く先生たちとのエピソードを教えて!
なかなか仕事に慣れず、日々の保育に悩んでいたときに、「あなたがやりたいように、好きな保育をやっていいのよ」と園長先生に言われ、それがきっかけで、自分がやりたい保育をやっていこうと前向きに考えることができるようになりました。
今の保育園に入ってよかったなぁと思うことを教えて!
日々の保育の中で研修の機会がたくさんあるところが、この園の魅力だと感じています。 また先生同士の仲が良く、居心地の良い環境なので、この園で働けて良かったと思います。
今夢中なこと・がんばっていることを教えて!
園では季節ごとにいろいろな歌を歌うので、ピアノの演奏の練習を頑張っています。 あとはガチャガチャにハマっています。
どんな保育士になりたい?
子どものことを一番に考える保育士、子どもが一緒に遊んで楽しいと思える保育士になりたいです。
後輩のみんなにメッセージをちょうだい!
園によって特色はさまざまなので、たくさんの園に見学に行き、分からないことはどんどん質問してみて下さい。そうすると、「ここで働いてみたい!」と思える園がきっと見つかると思います。

この園の問い合わせはこちら!

この園へのお問い合わせはこちら!

出身校の先輩インタビュー一覧へ 所属法人のインタビュー一覧へ 所属法人の園紹介ページへ 法人情報をみる